令和3年度みすず祭り

今年度もみすず祭りは感染予防対策により、ご利用者とそのご家族、法人内職員による2部制で来場者数の調整をして開催しました。

まずは、海野理事長のご挨拶からです。

2部制ですので、2回分ご挨拶をいただきました!

次に今年は、9月に作業公開ができていなかったため、この場で作業内容の実演を少しだけしました。

隣では・・・保護者の方にも挑戦を!

「作業スピードなら僕の方が負けません!!」かな!?
「こうやって組み立てるんだよー」って説明してるようですね!

ご利用者は、自分たちの仕事に自信をもって披露して下さいました!

そして・・・今回の催しは・・・

ご利用者間では大人気の射的!
詰め放題!・・・何を選んで詰めようかな!
袋いっぱいに・・・まだまだ詰められるかな!?

そしてコロナ禍で、休日にゲームセンターへ行く機会もないと考え・・・

クレーンゲーム機も設置しました!

カプセルの中には・・・お楽しみ景品のチケットが!
カプセル以外に景品の実物を狙ってゲットするご利用者も!

また、恒例のみすず販売の焼きそばは、もちろんですが・・・

今回「宍原荘かりん」からは、焼き鳥です!

タレの香ばしいにおいが・・・

そして、地域イベントも少ない中・・・露店利用の機会として・・・

キッチンカ―(外部移動販売業者さん)の協力も頂きました!

さらには・・・大抽選会として・・・

ビンゴ大会で締めくくりました!

昨年の2部制開催の反省を踏まえ、有意義な時間を沢山企画したら、時間が足りないくらいになってしまいました。

理事長のご挨拶にもありましたが、来年度は地域の方々等、オールスターのご参加ができればと願っております!

地域交流

岡地区社会福祉協議会によるボランティア講座・健康講座に出席しました。

岡地区社協様とは「ささえ合いの会」で買い物支援や除草作業を進めています。

今回は、ボランティア講座の中で、みすずの活動紹介をさせて頂きました。

少しだけ作業の実演もしてみましたが・・・

現在、コロナ禍でボランティア様の受入れが中断していますが、近い将来、ご利用者との作業活動や行事参加へのお願いをしました。

来場すると・・・ど真ん中の席で、岡地区社協様の計らいには頭が下がりっぱなしです!

引き渡し訓練R3年度版

延期していた9月の引き渡し訓練を本日行いました。

避難待機場所想定は、岡小学校・・・

歩いて迎えに来られる保護者様・・・

車で迎えに来られる保護者様・・・

有事の際は、その状況次第ですが、今回は引き渡し場所を2通りにしての訓練でした。

まずは、建物出入口での引き渡し(建物内の蜜は避けたい引き渡しです)

建物外を想定して、玄関口で対象ご利用者の確認です!
保護者様へのお引き渡し後は・・・ご自宅まで気を付けてお帰り下さい。

もう一つは、車でお越しの方への対応として・・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0720-002-778x1024.jpg
さあ、お迎えの車に乗車してください!

迎えの車まで職員が連携してお連れしました!

自宅の車が迎えに来れば安心ですね!
蜜避けとしてのドライブスルーに近い引き渡しです!
通所事業所は、ご家族のもとへ安全に引き渡さなくてはなりません!

コロナ禍でも災害はあります。

今の時期は、台風も心配です。

「多くの人で混まずにスムーズで安全且つ安心した引き渡しができるように」と今回の目的とした訓練ができたと思います。

保護者の皆様、訓練のご協力、ありがとうございました。

段取りは大切

今日は、除草作業についてです。

ここ数年間の見積りが今年度は通り、今月急遽スポット作業として受注しました。みすずご利用者草取りチームの出番です!(年度初めに編成されていましたね!)

側溝の蓋に絡みついている草も綺麗にしています!
フェンス外側も綺麗にしています!

今日一日だけの作業でしたが、発注元とのやりとり、日程調整、作業メンバー調整等を事前にすることで、無事作業が終わりました。職業指導員は、段取りも必須です!

そして、もう一つ・・・

MK共同作業も秋季始動です!

でもまずは・・・MK支援員で段取りを!

もともとは奥のように雑草が一面でしたが・・・

駐車スペースやテント設置スペース、中央通り道を準備しました!

10月からの作業準備を台風の前に済ませて・・・「かりん」の皆さん、また「みすず」と力を合わせてMK共同作業をよろしくお願いします!

上期内部研修

今日(9月18日)は、午後の活動はなく、ご利用者は半日利用でした。

台風の影響により・・・停電も心配していましたが問題ありませんでした。

そして、当初予定していたことがありました。会議と研修です!

1.工賃会議

作業活動には、様々な内容や工程があります。外での作業、細かな作業、特殊な作業と・・・難易度も様々です。ご利用者の参加の励み、次の難易度への挑戦に向けて、工賃支払いにも作業内容において加算を設けているのがみすずの工賃分配システムです。色々と見直しを含めた会議をしました。

2.自閉症内部研修

昨年に引き続き、内部研修です。勿論、講師は玉柏会自閉症研修チームの牧田係長です!

以下、報告です! 会議の感想:(取りまとめ:稲葉フロアリーダー)

宍原荘での実際の支援の様子を交えながらの説明は分かり易く、支援計画を作るにあたっての考え方など今後にとても活かせる内容でした。

受講した職員の感想を一部紹介させて頂きます。

・改めて氷山モデルを使用して行ってみると、特性や背景を再確認できることが理解できた。これを活用して記録をとった2名をメインにまずは意識していきたいと思う。氷山モデルを活用し、気になるご利用者の特性理解もしていきたい。頂いた記録も活用し、支援に役立てていきたい。

グループワークの様子 その1

・対象の行動記録を取るのが大事であり、全ての項目ではなく、一つの事象でも良いという事で、時間がかかるが地道にやっていくしかないと感じた。多様な方法、資源で本人のスキル、気づきがでるようにしたい。

グループワークの様子 その2

・氷山モデルシートで分析し、支援計画を作成した。本人の特性や行動を知るには日々の観察・記録が重要だと改めて感じた。これからも一人一人にあった支援をしていきたい。

支援計画案の作成後のまとめ時間

・氷山の一角、現象だけを解決しても何の解決にもならない。その奥に潜んでいる事が大切である。「行動のインターバル」でひとつひとつの行動問題をしっかり時系列で記録していくことで何かが見えてくる。支援を行ない、記録を取る。その繰り返しが大切になることが分かった。支援により何が変わったかどう変わったがポイントとなると学びました。

以上、4名の感想を紹介させていただきました。今回の研修で学んだ、「記録のとり方」・「支援計画」・「実際の支援に反映」をし、支援の向上を図っていきたいと思います。

サビ管より・・・日頃の支援課題がそのまま研修内で議論できたことは、とても充実した内容でした。今後の支援の工夫が楽しみです。職員一同、「ご利用者の自立としあわせ」をさらに目指しましょう。牧田講師、機会があれば火山モデルも教えてくださいね!

緊急事態宣言の延長に伴い

緊急事態宣言の延長により、今週末(9月18日)に予定していた引き渡し訓練を延期することにしました。(緊急連絡網の使用訓練は前日17日に実施します。)

有事の際、ご利用者の各ご家庭への引き渡し場所は、みすずとは限りません。一次避難場所や広域避難地が想定されます。コロナ禍だからといって災害がないわけでもなく・・・

延期した訓練は、いざという時の「蜜にならない引き渡し」や「迎えに来られた家庭単位での対応」を想定して、企画をもう少し練り直したいと思います。(防災担当:山本)

さて、冒頭の緊急事態宣言の延長・・・ですが、ご利用者とそのご家庭の日常生活に著しい支障がないようにみすずも継続開所です。

そこで、今まで以上にと、「感染予防の強化」として開所していかなくてはなりません。

  • みすずにはウイルスを「持ち込まない」
  • ウイルス侵入リスクに対して「貰わない」「渡さない」

そのための感染防止強化として・・・

  • みすず外部対応
  • ご利用者対応
  • 職員が具体的に行うこと

この3つで現状対策からのさらなる対応をしていきたいと思います。

以下、感染防止担当の三浦有からの発信です。

(1)外部対応は、接触を控えやりとりを最小限にする。

  ①外部の方の作業資材搬入搬出の際は手指消毒の呼びかけの強化をしていく。引き続き、職員のみでの対応をする。

  ②来客に関しては、玄関先で対応し利用者との接触をしないようにする。

(2)ご利用者に対しては、ワクチン接種の状況確認と、接種後副反応等の体調確認をしていく。

  外部の納品は、ご利用者の同行の際は外部との接触を避けるようにする。

  車の乗降時は、手指消毒を徹底する。

(3)職員は、自身の体調管理をしっかり整え、消毒、手洗いを徹底する。

  ①朝の出勤時の消毒や、検温のチェックを朝礼時に司会進行が確認をする。

  ②業務中に相応の不調を感じた時は、常備してある抗原キットを使用し確認する(キット管理:三浦有)。

                            

MK会議

M(みすず)、K(かりん)

同じ法人内の就労継続支援事業所の情報交換会から・・・

今では、会議、打ち合わせに進化しています。

(1)共同除草作業の反省と次回予定に向けた話し合い

(2)同じ受注作業の生産工程や品質管理の各披露

(3)イベント等、販売に関しての情報共有

(4)ご利用者の作業支援への工夫

同じ受注作業での工程の工夫検討として稲葉職業指導員が実践披露!

コロナ禍の蜜は避けなくてはなりませんが・・・

話題(議題内容)はとても蜜です!

2つの楽しみ

みすずは、明日から3日間夏季休暇(夏休み)

8月13日~15日です。とは言え、金土日・・・

実質は金曜が特別休みで、最近は連休も普段の年間予定にあるため、特別感はないかもしれません。

夏季連休前は、サマーショートボランティアさん(S.S学生ボラ)との作業や余暇活動がありますが、現在ボランティア受入れ休止中のため・・・少しご利用者は寂しいかもしれません。・・・と思いながらの投稿中の今、みすず内はご利用者の会話や笑い声で取り越し苦労かも!

そう、本日12日「季節の活動(夏)」をご利用者・職員のみで行っています。(ここまでは、日中の出来事)

そして一日が終わり、企画担当からの声です。

『 昨年から引き続きお祭りや外での行事のほとんどが開催されず、夏と言う季節を感じきれずにいて寂しい思いをしている声が聞かれていました。
夏と言えば【お祭り!かき氷!スイカ!花火!】など色々あります。その中の一部でも楽しんで頂ける様、縁日をイメージして射的・輪投げ・ヨーヨー釣りのゲームを行ないました。中でも様々な的(景品)を用意した射的が人気で何度もチャレンジする人が続出していました。お昼には冷やし中華を食べ、おやつ代わりにかき氷を食べて、1日通して夏を満喫して頂きました。
ご利用者からはGETした景品を自慢げに見せてくれたり、「楽しかった」と直接伝えてくれたりと喜んでいる、楽しんでいる姿が見られ、嬉しく思います。』(企画担当:稲葉)

では、少しだけ様子を画像で・・・まずは冷やし中華!

市販品を自分が食べるために、自分で盛り付け!

麺とつゆを混ぜたらトッピング!
少しずつ、綺麗に盛り付けされていますね!
美味しそうですね!これで夏季休暇中に自宅でも出来そうですね!
こちらは、一気にダイナミックな盛り付けです!自分でやる醍醐味ですね!
どれを狙っているかな?レトルトカレー?カップ麺?お菓子の箱?
数字を狙っているのかな?青枠を狙っているのかな?
上手に釣れましたね?いくつ釣れたかな?
かき氷のシロップは・・・メロン?イチゴ?あずき?ブルーハワイ?
美味しい表情? 口の中が冷たい表情?

以上が1つめの楽しみ・・・

表題にあった「2つの楽しみ」として、もう1つは・・・

今日は、ご利用者の賞与の日です!

明細書はきちんとご家庭で確認できたかな?

日頃の頑張っている作業の話ができたかな?

夏季休暇明けからの作業への励みになっていれば幸いです!

清潔(5S)

毎日のトイレ清掃の中で気づいたこと。

普段と変わらない男子トイレ・・・

いきなり「何か変わった?」と問われてどうなんでしょう?

どこか汚かったところが綺麗になっている?

どこかが特別汚れてしまっている?

場所が場所だけに投稿しようかどうしようかと思いましたが・・・

でも、一日の終わりによる、最後の掃除開始で、すぐ気付きましたから!

新しいスリッパになっていました!

このちょっとした変化・・・

さて明日・・・

利用者の方は誰が一番に話してくるかな?

支援員は誰が一番に5S(清潔)更新として話してくるかな?

もちろん、交換した支援員以外での気付きとして・・・

今年度の特別企画

活動終了後に片付けをした作業室です。

翌日活動の段取りとしての片付けを、作業支援の職員が行ったものです!

さて、昨年度同様に行事の休止や制限でご利用者の作業以外の活動が減っています。しかし、年間行事に今年度特別の行事「お楽しみ企画」を設けました。

地域資源活用外出や他のイベントに関する活動が企画できない分の組換えた余暇活動です。

2年ぶりのつみき活動でしたね!

以下、担当職員の声です。

コロナ禍で楽しみが減っている中で、「つみきのそのさん」に来ていただき、皆でつみき遊びを行ないました。 暑い中のご来所ありがとうございました。                                       園田さん(そのさん)からも「自分も楽しめた」と言われました。 お別れ時にも数名のご利用者は、自分から園田さんに話し掛けていました。外部の方との会話が久々で、話す機会が減っているため積極性も出たのかと感じました。                                                         お楽しみという事で、夏を感じる食べ物を提供しましたが、思いのほか皆様「そうめん」をたくさん食べることにびっくりしました。 確かに「夏場のそうめん」はおいしいので、わんこそばの様に食べれちゃいますね♪                                                             ご利用者が楽しんでいる様子は担当としてとても良かったと思います!(担当:山本)

今回の余暇活動は「お楽しみ企画」ということで色々なお楽しみを盛り込んでみました。
一番のお楽しみは「つみき活動」でした。作業所を目一杯に使って思い思いに「つみき」を積んだり、みんなで協力して長いドミノを作ったりしました。ドミノが全て倒れた時には拍手してうれしさを共感しました。
さらに「お楽しみ①」では、昼食時に「そうめん」を提供しました。コロナ対策を考えてそうめんを事前に容器入れて召し上がって頂きました。早く流しそうめんをできる日が待ち遠しいです。
「お楽しみ②」では、「瞬平さんとジャンケンして勝った方から好きなアイスを食べる!」をやりました。思いのほか瞬平さんが強くてビックリ。なかなか勝てない方がいっぱいでした。みすずのご利用者は勝負事になると盛り上がりますね。
「お楽しみ③」は、帰り際に「スポーツ飲料とおかし」をお土産にして頂きました。
ご利用者の方から「今日は食べる物がいっぱいだね」や「楽しかった」などの声が聞かれ、担当側としても嬉しかったです。コロナ禍により外での余暇活動ができない中、みすず内で楽しめる活動ができたこと、また皆さんの笑顔が見ることができて良かったです。(担当:田中)

では、少しだけ当日(7月31日)の様子画像をご覧ください。

ドミノ作りは慎重に・・・倒れないように離れてすると・・・この格好で・・・
円筒ドーム作り・・・前回より頑丈に・・・慎重に・・・
前回、すぐに崩れてしまったから・・・気を付けて・・・
慎重にドームをくぐった後の喜びは大きかったですね!
今回は初の内容も・・・
お楽しみの追加・・・流しそうめんはできないけど・・・
このあと・・・替え玉をしていましたね!

ご利用者の皆さん、8月は賞与、季節の活動(夏)と、また楽しみがありますね!